医療従事者向けPPE

個人用防護具(PPE): Personal Protective Equipment 

近年、病院などの医療現場において感染のリスクが叫ばれ続けている中、
院内感染防止はもちろん、これから在宅医療が進む中で院外感染防止を含めた より精度の高い感染対策(情報の周知)が必要不可欠になっています。

血液や体液などの暴露から医療従事者や患者を『まもる』ために有効な代表的PPE には手袋、マスク、キャップ、アイウェア、ガウン、エプロン、シューズカバーなどがあります。

せっかくPPEを装着しても、効果のないものを選択したり、間違った装着方法をしても意味がないどころか、逆に感染を拡げる危険が増加する場合もあります。より安全で最大限の効果を発揮するためには適切なPPEの選択と正しい着脱方法の知識が必要になります。

PPE別解説

全てのPPEの適切な使用方法として以下の事を順守してください

  • 1.PPEは感染の有無にかかわらず、血液や体液などの汚染対象物質に暴露する時、またはそれが予想される時に、暴露する範囲を防護できる適切なものを選択してください。
  • 2.汚染されたPPEは交差感染の元となるので患者毎、処置毎の交換はもちろん、同一患者でも異なる身体部位のケアを行う際はPPEを交換するようにしてください。
  • 3.病室の外部環境を汚染しないように、患者ケア区域から去る前に使用したPPEを全て脱ぎ廃棄し、手指衛生をおこなってください。
  • 4.取り外す順番の例としては 手袋→アイウェア→ガウン→マスクの順に行ってください。
  • 5.交差感染を未然に防ぐためにはPPEを常に装着する、できる環境が必要ですので、使用現場の近くに設置するようにしてください。