介護用『防水シーツ』の選びかた

防水シーツが『まもる』

介護用防水シーツは、主に失禁などによって布団やマットレスが汚れるのを防ぐ目的で使用されます。
防水機能や撥水機能を備えており、オムツをしている方や失禁の可能性がある方が使用することで、布団やマットレスが直接汚れるのを防ぎ、介護者の負担を軽減することができます。
防水シーツを使用する際には、目的に適したシーツを選びましょう。

主な防水シーツの形状について

部分タイプ 横に長い形状で、腰部分をカバーします。
布団やマットレスに対し直角に置き、端を巻き込んで使用します。
全身(前面)タイプ 布団やマットレスの前面すべてをカバーします。
裏面の四つ角にゴムがついていて、布団やマットレスの角に引っかけて固定するのが一般的です。
全面(ボックス)タイプ

コの字になっているタイプや袋状のタイプがあり、布団やマットレスの前面及び側面をカバーします。
袋状のタイプは、裏面までカバーできます。

選ぶときのポイント その1

失禁の少ない方や、オムツとの併用での横モレ対策、ベッド上での動きの少ない人には部分タイプがオススメです。頭と足にシーツがあたらないので、その分蒸れが軽減されます。

ベッド上の動きが激しい方には、全身(全面)タイプがおススメ、防水範囲が広いので安心してご利用頂けます。その反面、全身をカバーする為、部分タイプに比べ、通気性に劣ります。
シーツのしわが蓐瘡(じょくそう)の原因になる事もありますので、固定ができるもの(四ツ角のゴム付など)を選び、シーツのズレを防ぎましょう。

レンタルベッド使用時などは全面タイプがオススメです。
側面までカバーするので、マットレスを汚れから守ります。

主な防水シーツの機能について

防水シーツの機能には、大きく分けて防水と撥水があります。

「防水タイプ」はシーツの裏面にポリウレタンフィルムなどの加工がされており、表面が吸収した水分を裏面でブロックする為、布団やマットレスに水分が通りません。
表面がパイル地(タオル生地)のものや、デニム生地のものなどがあります。

「撥水タイプ」はポリエステルなどの素材に撥水の加工がされています。
裏面に加工がない為、通気性に優れていますが、圧力によって水分が浸透してしまう事があります。

選ぶときのポイント その2

防水タイプは、撥水タイプに比べ通気性に劣りますが、裏通りしないので布団やマットレスを汚す心配が軽減されます。
表面がパイル地(タオル地)のタイプは肌触りがやさしく、在宅に向いています。
デニム地のタイプは耐久性に優れ、施設におススメです。

撥水タイプは、防水タイプより通気性に優れ、蒸れが軽減できますが、圧力による浸透の可能性がある為、失禁量が多い方は注意が必要です。

その他のポイント

防水シーツは製品によって耐熱温度が異なります。家庭用乾燥機の場合、耐熱温度80~90℃以上の物を推奨していますが、最近ではかなり高温の設定が可能なものがありますので、ご使用前に防水シーツの耐熱温度と乾燥機の温度設定をご確認することをおススメします。