ウツノミヤ通信 vol.13
60/68

※ この表は、室温下における油・薬品等に対する耐性を示した一般的資料で、実際の使用条件においての性能は、厚さや他の状況(室温・使用期間・使用後の処置等)に よって異なります。多岐にわたる化学薬品等から手を保護するために、どの手袋が適切かを決める際の参考資料としてご使用ください。59化学物質や液体の種類ニトリル天然ゴムビニールポリエチアセトアルデヒド△◎×△アセトン○◎△△アニリン××△△アマニ油◎△○◎イソオクタン◎△△○イソブチルアルコール◎◎△△イソプロパノール◎◎○△印刷インキ◎△×○エタノール◎◎○◎エチルエーテル◎××○エチレングリコール◎◎◎○塩化メチレン×××◎塩酸38%◎○○×塩酸10%◎◎◎○オレイン酸◎△△◎オクチルアルコール◎◎△○オクチルアルコール(植物系)◎◎○◎過塩素酸60%◎△◎×過酸化水素30%◎×◎△ガソリン◎×△○蜂酸90%◎◎◎△キシレン○×△◎魚油◎△△○クエン酸◎◎◎△グリセリン◎◎◎○クロム酸△×△×クロロナフタリン△××◎クロロベンゼン△××◎クロロホルム△××◎鉱油◎△○◎酢酸◎○△×酢酸アミル○×△○酢酸エチル×○×△酢酸ブチル○××△酢酸プロピル△△×○酢酸プロピレン×△×△作動油(エーテルベース)△△△○作動油(石油ベース)◎△○◎次亜塩素酸ナトリウム◎○◎○ジインブチルケトン○○△○ジエチルアミン△××△四塩化炭素○××◎ジオキサン×△×△シクロヘキサノール◎◎◎◎ジメチルホルムアミド△△×○写真用溶液◎◎○◎硝酸70%××△×硝酸10%◎○○△植物油◎△△◎蓚酸(飽和溶液)◎◎◎◎臭化メチレン×××○潤滑油◎×○△素 材ニトリル天然ゴムビニールポリエチ耐熱性(最高使用温度)℃130℃100℃80℃90℃化学物質や液体の種類ニトリル天然ゴムビニールポリエチ除草剤◎○○△水酸化アンモニウム◎◎◎×水酸化カリウム◎◎◎×水酸化ナトリウム50%◎◎○×スチレン×××◎タンニン酸65%◎◎◎△ディーゼル燃料○×○○テトラヒドロフラン×××◎テレピン油(松油)○×△○動物油◎△○○灯油◎△△◎塗膜剥離剤◎△△○トリエタノールアミン85%◎○◎×トルエン△××◎トルエンジイソシアネード△△△×トリクロロエチレン×××◎二塩化エチレン×××◎二硫化炭素○××◎乳酸85%◎◎◎△パルミチン酸(飽和溶液)○○○◎ピクリン酸(飽和溶液)◎○◎△ヒドラジン65%◎○◎△P.C.B.類××△×ヒマシ油◎○◎◎フェノール×◎○△ブタノール◎◎○△フタル酸ジオクチル○△×◎フタル酸ジブチル○○×◎弗化水素酸48%◎○◎×フルフラール×◎×△フレオン○××◎プロピルアルコール◎◎△△ヘキサン◎××◎ベルクロロエチレン○××◎ベンゼン(ベンジン)△××◎ベンズアルデヒド△△×○ホルムアルデヒド◎◎◎△マイレン酸(飽和溶液)◎◎○◎メタリクル酸メチル×××○メタノール◎◎○△メチルアミン◎◎◎△メチルイソブチル(MIBK)×△×○メチルエチルケトン(MEK)×○×△モノエタノールアミン◎◎◎△モルホリン×◎×△ラウリン酸36%◎○△◎リノレン酸◎△△◎硫酸95%××○×燐酸◎○○×燐酸トリクレジル◎◎△○◎ 耐性に優れる ○ 良好 △ 使用可 × 使用不可素材別耐性一覧表The others

元のページ  ../index.html#60

このブックを見る