FOOD INDUSTRY TOPICS

食品産業分野

異物混入対策 その6

エプロンとその他の衛生用品

食品現場のエプロンについて

食品現場で使用されているエプロンは、作業時に衣類を濡らすことなく清潔を維持することを目的としたものです。大きく分けて、繰り返し使用できる前掛けタイプとディスポ(使いすて)タイプがありますので、作業内容に合わせてお選びください。

【前掛けタイプ】

防水性、耐久性に優れていますので繰り返し使用で、水を使う作業に適しています。

【ディスポタイプ】

使いすてするタイプですので衛生的です。簡単に脱着ができ、軽作業に適しています。

◎装着方法

首の輪に頭をくぐらせ、腰の紐を後ろ手で結び裾を十分に広げます。

※静電気で広げにくい場合があります。ユニフォームへの汚染を最小限にするため、十分に広げてご使用ください。
※襟が大きく開いてしまう場合には、首の輪を切って結んで調節してください。

◎外し方

①首の輪を引っ張って切ります。
②胸当て部分を前に垂らす

※汚れなどが付着したエプロン表面に手が触れないように注意します。

③エプロンの裾または裏側を持ち、表を内側にしながら腰の高さまで折り畳んでいきます。
④折り畳んだエプロンがほどけないように注意しながら後ろに手を回します。腰の紐の結び目を片手 で持ち引っ張って切る。

※片手で結び目を持ち、もう一方の手はできるだけ結び目付近を持って引っ張ります。結び目を持たずに切るとビニールが伸びて切れにくくなります。

その他衛生用品

ゴーグルについて

まつげ、まゆげ、目ヤニ等の落下を防止すると共に、食品や薬品飛沫などから作業者の目を保護する役目があります。防曇機能やメガネの上からの装着ができるタイプなど、それぞれの現場に適したタイプをお選びください。

腕カバーについて

袖口から体毛や体液の落下を防ぐことはもちろん、衣服を清潔に維持するなど、より快適な作業環境をサポートします。

作業用シューズについて

作業性はもちろん、防水性や洗浄のしやすさ、安全のために転倒しにくいタイプを選択されることをおすすめします。
汚染エリア拡大からまもるために、汚染作業用のシューズと非汚染作業用のシューズを区別して整頓することも重要です。
シューズ底の汚れは、移動時に汚染を拡げる恐れがあるので、常に清潔さを保ちましょう。

靴カバーについて

靴カバーは接触や飛沫による汚染からまもるため、また歩行による清潔領域の環境汚染防止のために着用します。不織布タイプやポリエチレンタイプなど素材も様々ですが、作業性はもちろん、防水性や洗浄のしやすさ、安全のために転倒しにくいタイプを選択されることをおすすめします。